資格を取りたい。知識を習得したいという時にオススメの勉強方法について話してきました

こんにちは、小林です。

10月10日(木)に、僕が主催している「千葉朝食会モニスタ」がありました。

今回はこの時の出来事についてお伝えいたします。

さすが、朝活に参加される方だけあって意識が高い!たくさんの参考になる話がきました。

今回は海浜幕張での開催でした

モニスタは今回が521回目。

海浜幕張駅近くのタリーズコーヒーで開催してきました。

参加者は僕を含めて4名。男性3名、女性1名でした。

今回のテーマは「私が実践している勉強法」

今回のテーマは「私が実践している勉強法」

新たな知識を得たい。スキルを習得したい。

そんな時に実践している勉強法について、それぞれ紹介してもらいました。

どのような意見が紹介されたのか

参加された方から紹介された「勉強法」は、こちらです。

  • 問題はスマホではなく、印刷して紙に出してから解く
  • 覚えたいことは書いたり、入力するなど、身体を使って覚える
  • 声に出して覚える

ここに書いたのは、一部のみですが、たくさんの秋を紹介してもらいました。

小林が実践している「勉強法」は?

ちなみに僕が紹介した勉強法は、この2つです。

  • 本を読むときは付箋を貼り、後で見返す
  • 青ペンで書く

本を読むときは付箋を貼り、後で見返す

まず、1つ目の「本を読むときは付箋を貼り、後で見返す」について。

最近、ビジネス書を読むときは、手元に付箋を置いています。

この付箋をどうやって使うのかというと、気になった・印象的な箇所のページに貼っておきます。

そして、最近は本を読み終わった後は、この付箋箇所をもう一度開き、メモするようにしています。

本を読んでも、読んだつもりになって何もしていない。

これを防ぐために、気になったことをまずは一度書き出してみる。そのうえで、今日からやることを決める。

これを可視化するようにしました。

おかげで、最近は本の内容をしっかりと覚えていられるようになったし、少しずつ実践できているような気がします。

インプットしたら、アウトプットする。

これを意識すると、学習効果が高まるので、オススメです。

青ペンで書く

次に、2つ目の「青ペンで書く」について。

これは、打ち合わせなどでメモを取るとき、青ペンを使うということです。

調べてみると、青色には集中力アップやリラックス効果があるようです。

なので、最近の僕は、メモを取るときは、青ペンを使うようにしています。

ただ、正直なところ、現時点だと、黒ペンの時との違いはまだ実感できていません。

でも、青ペンで書くと、ノートを見返した時の感じが違いますね。個人的な感覚ですが、黒ペンよりも心地よい感じがします。

気になる方は、ぜひ青ペンを使ってみてください。

「私が実践している勉強法」をやってみての感想

さすが朝活に来る人だけあって、知識習得やスキルアップに積極的に取り組んでいる人ばかり。

そのため、様々な勉強法が紹介されました。

その中でも印象的だったのは「紙派」と「デジタル派」、「書いて覚える派」と「読んで覚える派」に分かれたこと。

このように勉強法が対比できると面白いですね。

違う視点からの話やメリットが聞けて良かったです。

次回の朝食会は10月17日(木)千葉

さて、次回の朝食会ですが、10月17日(木)に開催します。

場所は、千葉駅近くのデニーズ富士見店です。

朝7時スタート。途中参加、途中退席OKです。全員が退席次第、終了となります。

参加費はもちろん無料。ご自身のお食事代だけお支払いください。

テーマは「オススメの映画」です。

映画好きの方で、お時間があるようでしたら、ぜひご参加くださいね。

参加をお待ちしております。

この記事を書いた人

小林 豪志(こばやし たけし)
集客アップ・売上アップコンサルタント

ホームページやチラシなどの「文章」を見直し、集客アップ&売上アップにつなげる方法をお伝えしています。