「早起きの方法」を朝活参加者に聞いてきました

こんにちは。小林です。

今回は10月24日(木)に開催した「千葉朝食会モニスタ」での出来事について、紹介します。

今回のテーマは「早起きするための方法」でした

今回のモニスタは、第523回目。モニスタが11年目に突入した最初の会でした。

モニスタの会場は、千葉と海浜幕張で交互に開催していますが、今回は海浜幕張。駅前のタリーズコーヒーで開催してきました。

今回のモニスタのトークテーマは「早起きするための方法」。

朝活に参加している人は、当然早起き。そこで参加者の皆さんに「早起きするために何をしているのか」を聞いてきました。

どのような「早起きの方法」が紹介されたのか

参加者の方からは、以下の方法が紹介されました。

  • 前日の夜は早く寝る
  • お酒を飲んで寝ない
  • 自然と目が覚めてしまう
  • 栄養ドリンクを飲んでから寝る
  • スマホとタブレットの両方に、目覚ましタイマーをセットする

その他、「自然と目が覚めてしまう」という意見も一部ありましたが(笑)、紹介された方法の多くが「前日の夜に寝る方法」でした。

早起きするためには「睡眠の質」が大事ということですね。

たしかに、きちんと寝られれば、翌日の朝は気持ちよく起きれますよね。そのための方法をたくさん知れて良かったです。

小林が実践している「早起きの方法」とは?

ちなみに僕が紹介した「早起きの方法」はこちらです。

朝の用事を作る

皆さん「前日の夜に寝る方法」を紹介していたこともあり、あえて「起きる方法」を紹介してみました。

朝の用事を作る=つまり朝早く起きなくてはいけない理由を作るということです。

例えば・・・

  • 夜に放映されているドラマをリアルタイムで観るのではなく、朝に録画しておいたドラマを観る。
  • 朝イチは手帳を取り出し、その日1日のスケジュールとToDoを決めるための段取りを行う。
  • 木曜日の朝は、千葉朝食会モニスタに必ず参加する(笑)

といったように、朝に用事を作るというやり方です。

そうすれば、朝は早く起きなくてはいけないですよね。そのためには早く起きようという思いが高まるし、早く起きるために前日の夜は早く寝れるようになる。大事なのは「早起きする」状況を作るということだと考えています。。

この方法、他の人からすると新鮮だったようで、皆さん「へー」という反応をしていました。

「早起きするための方法」をやってみての感想

「早起き」というテーマでしたが、皆さん様々な視点で、色々と試されているのがわかったので、面白かったですね。

あと、話を聞いていて気づいたのは、人によって向き・不向きの方法があるということです。

例えば、

  • お酒を飲んだ方が寝れるという人と、お酒を飲むと睡眠の質が下がるという人
  • スマホを見るとなかなか寝付けないという人と、寝る直前までスマホを見ていてもサクっと寝れるという人
  • 明かりをつけないと寝れない人と、明かりがなくても寝られる人

このように、自分では当たり前だと思っていることも、実は人によっては違うということなんですよね。

なので、もしあなたが「早起きできない」とお悩みの場合は、色々な方法を試してみるのをオススメします。

今回紹介した方法は、あくまで一つの方法です。その方法があなたにとって良いかどうかは別です。

まずは試してみること。

具体的に何をやればいいのか。そう思ったときは、ぜひ今回紹介した方法を実践してみてください。

あなたにオススメの早起きの方法が見つかったら、ぜひ教えてくださいね。

次回の朝食会は、10月31日(木)です

最後に、次回の朝食会のお知らせです。

次回の朝食会は、10月31日(木)です。会場は千葉のデニーズ千葉富士見店となります。

テーマは「思い出の一曲」、歌や音楽に関して、参加者の皆さんと話ができればと考えています。

参加費無料で、どなたでもご参加いただけます。遅刻も早退もOKです。

お時間のある方は、当日フラリと寄っていただいても大丈夫ですので、ぜひお気軽にご参加くださいね。

次回の朝食会の詳細はこちらからご確認ください。
第524回モニスタ(10月31日)開催のお知らせ

この記事を書いた人

小林 豪志(こばやし たけし)
集客アップ・売上アップコンサルタント

ホームページやチラシなどの「文章」を見直し、集客アップ&売上アップにつなげる方法をお伝えしています。