2019年自分が選ぶ「今年の漢字」について話をしてきました

こんにちは、小林です。

今回は、12月26日(木)に千葉で開催した「千葉朝食会モニスタ」での出来事について、ご紹介いたします。

2019年ラストのモニスタのテーマは「今年の漢字」。漢字一文字で今年1年を振り返ってきました。

今回のテーマは「2019年自分が選ぶ今年の漢字」でした

2019年ラストとなる、第532回モニスタ。今回は千葉なので、デニーズ千葉富士見店で開催してきました。

テーマは「2019年自分が選ぶ今年の漢字」。

毎年清水寺で発表されている「今年の漢字」。それにちなみ、自分にとってこの1年がどうだったのかを、漢字一文字で表して発表してもらいました。

参加者は5名。多くもなく、少なくもない。適度な人数で話がしやすい状況で会を行ってきました。

今回紹介された「今年の漢字」とは?

まずは、今回他の人から紹介された「今年の漢字」を紹介します。

他の人とかぶることなく、様々な漢字が紹介されました。

ただ、この漢字だけを見てみると、どんな話が出たのかが全くよくわかりませんね。気になる方は、直接お会いした時にでもお話しますが(笑)、その漢字を選んだ理由とエピソードを聞いたら、いずれもその人らしさが存分に表れている字だと感じました。

小林が選んだ「今年の漢字」とは?

僕が「今年の漢字」として選んだのはこちらです。

今年1年を振り返って気が付いたのは、「書く」機会が増えたことです。

最近は手帳を持ち歩き、今日1日のスケジュールやToDoなどを書き込んで行動しています。

書くようになってから、「今日何の仕事をするのか」「その仕事は何時からどれくらいやるのか」それを意識できるようになったのが大きいですね。

また、先月からは方眼ノートを使うようになりました。

知人の勧めで始め、まだ試行錯誤の状態ですが、なかなか面白いですね。

僕はノートは無地派だったのですが、方眼ノートは色々な選択肢があって、使い勝手が良いです。

書くことによって、最も良かったのは”思考の整理”ができたこと。

頭の中で考えているだけだと、考えがうまくまとまらないんですよね。でも書き出してみると、あら不思議、頭の中がスッキリと整理されていくんですよね。

来年は書く精度をさらに上げて、もっと仕事に活かしていきたいなぁって考えています。

「今年の漢字」をやってみての感想

今回は、2019年の振り返りということで「今年の漢字」というテーマで話をしてきました。

参加された方には、漢字だけではなく、この1年間がどんな1年だったのかも一緒に聞いてきました。さすがに朝活に参加されるだけあって、いずれの方も「良い1年だった」と前向きな話を聞けました。

その一方、思うような結果を得られなかった人もいましたが、「来年こそは!」という、強い想いを聞けたので良かったです。

2019年も残りわずか。すでに年末年始のお休みに入られている方も多いと思いますが、ご自宅でゆっくりと今年1年を振り返り、「今年の漢字」は何かを考えてみてもよいかもしれませんね。

次回の朝食会は「1月2日(木)」です

最後に、次回の朝食会のご案内です。

年末年始に入りますが、木曜日は朝食会をやります!1月2日(木)です。お正月休みの真っ最中ですが、関係なくやります(笑)

モニスタは毎回テーマを設定していますが、この日はお休みということもあり、テーマはありません。

集まった人たちと、自由に話ができればと考えています。

会場は千葉のデニーズ千葉富士見店になります。参加費は無料です。ご自身で注文される飲食代のみをお支払いください。(個別会計ができます)

朝7時スタートで、おそらく9時くらいまではやっているはず。その時間内でしたら、いつでもお気軽にお立ち寄りください。

第533回千葉朝食会モニスタの詳細はこちら
https://chiba-morning.com/next/533/

今年も1年間、千葉朝食会モニスタにご参加いただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月2日(木)に、千葉でお会いしましょう。

それでは!

この記事を書いた人

小林 豪志(こばやし たけし)
集客アップ・売上アップコンサルタント

ホームページやチラシなどの「文章」を見直し、集客アップ&売上アップにつなげる方法をお伝えしています。